『折兄さんの食縁日記』 自己紹介

はじめまして、よろしくお願いいたします。

『ここより』をご覧の皆様初めまして、この旅縁を頂きましてメンバーに加わらせていただきました。

箱根にある曹洞宗の寺院で副住職をしております、折橋大貴(オリハシ ダイキ)と申します。

初回ということでどうしても自己紹介になってしまいますが、私は和尚さんと料理人(接客もします)そして精進料理の先生の仕事を掛け持ちしております。

詳細は長いので追々お話しするとして、元はお寺で月一開催している行事を引き継いでいただけなのですが、珍しいのもあり、ある日共に修業をしていた同期から講師の仕事を依頼され、いつの間にか先生と呼ばれるようになっておりました。

さて、文章を書いてそれを読んで頂くサイトなわけですから、私よりも遥かに博学経験豊かな先輩方がおられる中何を書こうかと思っておりましたが、やはり私の原点は料理、そこから芽を出した諸々の縁と出会いなので、当時を振り返る意味でもそのことを書かせて頂こうかと思います。

『折兄さんの食縁日記』

タイトルがあんまりお坊さんらしくはありませんが、そんな固いお話をする事もないので気楽にお読みいただけたら幸いです。

折橋大貴の食縁日記 関連記事

法話&コラム
【折兄さんの食縁日記】第3回 子供と大人と手ごね料理 ~秦野~
法話&コラム
【折兄さんの食縁日記】第2回 以之貫:仏壇に供えるのは別に○○でなくても良い ~福岡~
法話&コラム
【折兄さんの食縁日記】第1回 先生と呼ばれた日 新潟・阿賀野