仏事の作法

仏事の作法
密葬とは?家族葬との違いやマナー、費用を解説

密葬」とは「家族」や、「亡くなった方が親しくしていたごく近い人たち」だけで集まって行う葬儀のことです。
後日、その時に集まることができなかった方向けに、「本葬」や「お別れ会」として、別途参列の機会を設ける形をとるのが一般的です。

続きを読む
仏事の作法
葬儀で使われる祭壇とは?種類や役割を紹介

祭壇とは葬儀の際、式場の正面に設置される壇のことです。
用意した壇に遺影を置き、花や供物を供え、宗派に合わせた祈りのための儀式道具などを配置し、故人を偲び供養する儀式を行うためのものです。

続きを読む
仏事の作法
葬儀のお花「供花」とは。贈る意味や、近年の傾向について紹介

供花(きょうか)とは、お悔やみの気持ちを込めた弔意として、葬儀場に供える生花(お花)のことで、ご遺族や故人と親しかった友人、深い縁のある人が贈るものです。
または、葬儀に参列できない方がご遺族に贈る花のことを指します。
葬儀の場では祭壇の近くに飾られ、死者の霊を慰めるという意味合いもあります。

続きを読む
仏事の作法
「直葬」とは?流れやメリット、デメリットを詳しく解説

近年増加している「直葬」。今回は、直葬の流れや特色について解説いたします。
「直葬」とは、通夜式や葬儀式などの儀式を省略し、少人数で火葬炉の前に集まって故人を見送る葬儀のやり方です。

続きを読む
仏事の作法
お通夜とは? お通夜の流れやマナー、告別式との違いを解説

「お通夜」とは、家族や友人など、故人とゆかりの深い人々が集まって、故人と最期の夜を過ごす儀式です。もともとは夜通しで、灯明(とうみょう)と線香を絶やさないよう、故人に寄り添っていたことから「通夜」と呼ばれていました。

続きを読む
仏事の作法
自宅葬とは?自宅で行う葬儀・家族葬を解説

自宅葬とは、亡くなった方の自宅で執り行う葬儀のことです。
昭和初期以前の日本では、故人の弔いは自宅で執り行うことが一般的でしたが、経済発展とそれに伴うライフスタイルの変化から、現代の日本(特に都市部)では斎場などの公共施設にて葬儀を執り行うことが一般的になっています。

続きを読む
仏事の作法
香典に包んではいけない金額、紙幣の枚数は?今さら聞けないお香典のマナー

お通夜・お葬式の際に包む「香典」。
今回は、香典におけるマナーやタブーについて紹介します。
いざという時にあわてないよう、ぜひ参考にしてください。

続きを読む
仏事の作法
いざという時のために知っておきたい「亡くなってから、葬儀までの流れ」

死は突然やってきます。いつ、自分の家族や近しい人の身に降りかかってくるかわかりません。
人が亡くなったとき、考えなければならないことのひとつに「葬儀」のことがあります。
死は突然やってきます。いつ、自分の家族や近しい人の身に降りかかってくるかわかりません。
人が亡くなったとき、考えなければならないことのひとつに「葬儀」のことがあります。

続きを読む
仏事の作法
お通夜・葬儀での香典袋の書き方、選び方、マナーを解説

故人とのお別れの場所である通夜では、まずは故人を弔う気持ちが大切ですが、参列する際の香典の渡し方や、金額、マナーなどで悩む方も多いのではないかと思います。
急なお通夜の参列に備え、お通夜のマナーと香典の相場などを詳しく紹介します。

続きを読む
仏事の作法
家族葬とは?近年急増中の家族葬 |流れや費用を解説

近年増えている葬儀の形式のひとつ「家族葬」
近親者のみで行い費用を抑えられる事から増え続けています。
その理由やメリット・デメリットを紹介。

続きを読む