人生を歌った、美しい曲たち

人気曲ベスト5

「糸」

1位
1

「川の流れのように」

2位
2

「涙そうそう」

3位
3

「時の流れに身をまかせ」

4位
4

「ハナミズキ

5位
5

ここ10年くらいの不動の一番人気が、中島みゆきの「糸」です。歌詞の意味もさることながら、メロディーの美しさが、ピアノ演奏やオルゴールバージョンで光ります。
2位以下も同じく、歌詞のメッセージ性も含めての人気だと思われます。
出棺時に限らず、司会者が喋っているときなどにも使用されることが多いです。

購入はこちら↓

凛咲 Vol,2 -親のこと 家族のこと 私のこと- | ここより

2023年12月23日(土)発売開始【凛咲  Vol,2 -親のこと 家族のこと 私のこと-】2022年まで発売されていた葬儀業界の雑誌「葬祭流儀」を大幅リニューアルし、ライフスタイ…

浪漫飛行が流れたとき、お念仏はジャマだな、と思いました

お坊さんの印象深かった曲ベスト5

「浪漫飛行」

1位
1

「六甲おろし」

2位
2

「Message」

3位
3

「雨上がりの夜空に」

4位
4

「レット・イット・ビー」

5位
5

「普段、お別れのお花を棺に入れる際に、隣でお念仏するのですが、浪漫飛行が流れ始めて、あ、お念仏はジャマだな、と思いました」(40代・浄土宗)
「故人の阪神ファンぶりが伝わりました」(40代・浄土真宗)
「『桜坂』でも『家族になろうよ』でもない、福山の『絶対キミが好きだよ』というパワー系の歌詞にやられました」(40代・浄土宗)

葬儀社がもともと持っている曲か、著作権が発生しない曲が人気

葬儀社が使いやすい曲ベスト5

「めぐり逢い」

1位
1

「愛につつまれて」

2位
2

「ローズ

3位
3

「マイ・ウェイ」

4位
4

「ティアーズ・イン・ヘヴン」

5位
5

1位と2位は、アンドレ・ギャニオンという作曲家のピアノ曲。メジャーすぎないので、曲自体にイメージがついてないことと、メロディーが美しいことが人気の理由です。
3位は、ベット・ミドラーの曲。無宗教葬でよく使われるイメージです。
4位は言わずと知れた人気曲。5位は、亡くなった息子を悼んだクラプトンの曲です。

※このランキングはここより独自調査によるものです

購入はこちら↓

凛咲 Vol,2 -親のこと 家族のこと 私のこと- | ここより

2023年12月23日(土)発売開始【凛咲  Vol,2 -親のこと 家族のこと 私のこと-】2022年まで発売されていた葬儀業界の雑誌「葬祭流儀」を大幅リニューアルし、ライフスタイ…

関連記事【凛咲】

編集部から
『凛咲 Vol,02』書店及びオンラインショップにて発売開始
編集部から
いつかこの葬儀を思い出してきっと泣いてしまう 2023年版 人気出棺曲ランキング 「凛咲」抜粋シリーズ#4 【凛咲Vol,02 12月23日発売!】
編集部から
お坊さんに聞いた、印象に残った法事 「凛咲」抜粋シリーズ#3 【凛咲Vol,02 12月23日発売!】
編集部から
ライターえつこ姐の実家の片づけ奮闘記!「凛咲」抜粋シリーズ#2
編集部から
ミドル世代のリアル「これからのわたしへ」 「凛咲」抜粋シリーズ#1
編集部から
祝!ザ・細かすぎて伝わらないモノマネファイナリスト!!雑誌『凛咲』に掲載される「みほとけが行く!地元鎌倉ぶらりまち歩き」こぼれ話