ペンギン村に住みたいと思っていました。

現在40代後半である私の、鳥山先生とのファーストコンタクトは、アニメの「Dr.スランプ アラレちゃん」でした。
大きくなったら、「バーバーそらまめ」で髪を切り、「Coffee Pot」でお茶をして、のん気な住民に囲まれながら、千兵衛さんの発明品を使わせてもらったり、「世界一つおいのだーれだ大会」に参加したりしたいと思っていました。

その後、「週刊少年ジャンプ」で連載を追いかけ始め、『Dr.スランプ』が終わり、『DRAGON BALL』が始まりました。

「アラレロス」になる暇もなく、私は「ドラゴンボール」の虜になりました。
ブルマやヤムチャたちとのボール探しも、天下一武道会も、レッドリボン軍との争いも、悟空とともに、毎週わくわくしながら楽しみました。

クリリンが殺されてしまった週は、しばらく次のマンガに進むことができませんでした。
ピッコロ大魔王の腹を突き破ったときは、読んでいた手を振り上げながら、叫びました。
背が高くなって登場したときも、武舞台の上で結婚したときも、子供を連れて現れたときも、その都度、まわりの登場人物とともに、驚かされてきました。

私は、悟空とともに成長してきたのです。

サイヤ人編も、ナメック星編も、人造人間編も、魔人ブウ編も、すべての回を読み続けました。私は大学生になっていましたが、悟空の成長を、最終回まで見届けました。

その後私は僧侶となり、いつしか、昔に読んだ「ドラゴンボール」をもとに法話をするようになりました。悟空とともに成長してきた私にとって、それは当たり前の流れだったのです。

鳥山先生は、亡くなられてしまいましたが、私の中に、アラレや千兵衛さん、悟空やベジータたちの記憶は残っています。

仏教では、「世の中はすべて縁でつながっている」と考えます。
縁は、亡くなった人ともつながっています。あの世とも、つながっているのです。
私をはじめ、鳥山先生に影響を受けた方々が、そのことを思い出すとき、その縁はよみがえります。

思い出してみてください。悟空がブウを倒すときの元気玉は、あの世からの元気も届けられていたでしょう。
これが「縁」のつながりです。

私たちは、様々な縁のつながりによって、生かされながら生きています。
その縁の中には、鳥山明先生もいます。

今後、悟空やアラレたちのことを思い出すたび、その縁に感謝してください。
そうすれば、いつか私たちがあの世へ旅立つときに、会えるでしょう。
あの、のん気な登場人物たちと。

鳥山明先生が、「あの世」で安らかに過ごされておられますように。

ここより チーフエディター
浄土宗僧侶 佐山拓郎

関連記事【ドラゴンボール法話】

法話&コラム
女の子にはやさしくしろ ドラゴンボール法話#24
法話&コラム
お正月にまとめて読みたい|法話×ドラゴンボール 「ドラゴンボール法話」まとめ
法話&コラム
昨日の敵は今日の友 ドラゴンボール法話#23
法話&コラム
おだやかな心とはげしい怒り ドラゴンボール法話#22
法話&コラム
亀仙流と鶴仙流、最大の違い ドラゴンボール法話#21
法話&コラム
人は見た目が9割。では宇宙人は? ドラゴンボール法話#20