日本代表を「選択」したラーズ・ヌートバー

2023ワールドベースボールクラシック。侍JAPANは、野球誕生の地であるアメリカで、完全アウェーの中、アメリカ代表を破り、優勝を果たしました。

アメリカ代表はスター揃いでしたが、日本の侍JAPANも「史上最高」と呼ばれるメンバーが集結しました。

ご存知「二刀流」の胴上げ投手、大谷翔平選手。
決勝トーナメントで復活を果たした、村上宗隆選手。
頼れる4番、吉田正尚選手。準決勝のスリーラン、見事でした。
好リリーフが逆転劇を生んだ、山本由伸選手。
精神的支柱、ダルビッシュ有選手。慣れないリリーフもこなしました。

怪我で合流できなかった鈴木誠也選手や、同じく怪我で離脱してしまった栗林良吏選手。代替選手で呼ばれたものの、出番のなかった山崎颯一郎選手に至るまで、すべての代表選手が重要な役割を果たし、大会を盛り上げましたが、なんといっても、今回の侍JAPANの目玉は、ラーズ・ヌートバー選手でしょう。

日本人の母を持つ日系アメリカ人のラーズ・ヌートバー選手は、セントルイス・カージナルスに所属するメジャーリーガーです。
アメリカで生まれ、日本で生活したことはないものの、10数年前に開催された「日米親善高校野球大会」で、当時の日本代表選手たちがアメリカを訪れた際、ヌートバー家でホームステイした縁があり、子どもの頃から日本代表に憧れを抱いていたのです。
当時の代表には、田中将大選手や、「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹選手などがいました。

日本との縁が深かったヌートバー選手は、今回のWBC開催に際し、栗山監督からの誘いを受けて、日本代表になる決断をしました。

浄土宗では、開祖の法然上人が、「高尚な学問としての仏教」ではなく「弱者のためのお念仏」の道を選びとったことから、「選択(せんちゃく)」という言葉を大事にしています。
「選択(せんちゃく)」とは、道を選ぶことに加え、「選んだ道の先で全力を尽くす」という意味もあります。そうすることで、「後悔」が減るのです。

今回のヌートバー選手の「選択」は、侍JAPANを救いました。
胴上げされたことを「生涯忘れないと思います」と喜んだヌートバー選手。その「選択」に、「後悔」はありませんでした。

栗山監督の配慮から開花した「二刀流」大谷翔平

侍JAPANの胴上げ投手は、大谷翔平選手でした。
オーストラリア戦でのホームランをはじめ、イタリア戦でのセーフティーバント成功など、打者としても活躍をみせ、大会のMVPに輝いた大谷選手ですが、高校生の頃から夢見てきた、投手と打者の「二刀流」を成功させるまでには、数々の障壁がありました。

花巻高校から、直接メジャーリーグへ行くことを表明していた大谷選手ですが、日本ハムファイターズからドラフト指名を受けます。
入団を渋っていた大谷選手でしたが、当時の日本ハムを率いていた栗山英樹監督から「二刀流育成プラン」を提示され、心が動きます。「二刀流」に賛成してくれた指導者など、それまでいなかったのです。
悩んだ結果、日本ハムに入団した大谷選手の、その後の活躍は、言うまでもないでしょう。

栗山監督は、チームのことはもちろん、大谷選手本人のことを考えて、「高校から直接メジャーに行くよりも、日本のプロ野球を経て、成長してから行った方が成功できる」と、説得したのです。
そこには、現在の栗山監督の采配にある、「人を信じる」という根本がありました。

栗山監督の「信じる心」が打線のつながりを生む

栗山監督は、誰もが反対した、大谷選手の「二刀流」について、ほぼ唯一の賛成者でした。
前例がなかったため、誰もが「無理」だと判断していた二刀流ですが、選手本人の資質を大事にする栗山監督は、大谷選手の特性を狭めたくなかったのです。
そこには、選手への大いなる信頼があります。

今回の大会でも、こんな場面がありました。
不振に苦しんでいた村上選手。準決勝のメキシコ戦で、一打サヨナラのチャンスに打順が回ってきます。
これまでの結果からいうと、送りバントのサインが出てもおかしくない場面でしたが、栗山監督は村上のことを信じ、打たせます。
さらに、サヨナラのランナーを、俊足の周東佑京選手に代えたことで、村上選手へ「お前がランナーを返し、サヨナラにするんだぞ」という無言のメッセージを送ったのです。まさに「人事を尽くして天命を待つ」です。
この采配を意気に感じた村上選手は、見事信頼に応え、サヨナラ打を放ちました。

浄土宗では、「今あるすべての命」とのつながりのことを「共生(ともいき)」と呼んでいます。
すべてのものは、他と関係し合って存在しており、それはさらに、過去から現在、未来へつながっています。
栗山監督と村上選手の、お互いの心がつながったことで、準決勝のサヨナラ劇は生まれました。そして、その流れをもって、決勝の同点ホームランを呼んだのです。

野球の打順のことを「打線」と呼びますが、それは打者が「線」のようにつながっていくからです。
1番バッターは、出塁してホームへ還ってくることが仕事ですが、出塁できないときには、なんとか粘り、投手に多くの球数を投げさせるなどして、次の打者が打ちやすいように工夫します。
2番バッターは、出塁した1番を先の塁へ進めます。1番が出なかったときは、自分が生きられるよう、策を練ります。
3・4・5番のクリーンアップが、塁上のランナーを還します。
下位打線も、回によっては先頭打者になったり、ランナーを還す役割になったりします。
「前の打者へのねぎらい」と「あとの打者への信頼」という「共生」によって、「打線」はつながっていきます。

侍JAPANの世界一は、さまざまな「選択」や「共生」により達成されたのです。

合わせて読みたい👉

カタールW杯 日本代表を、お坊さんが仏教的に読みとく

クロアチア戦で敗れたあと、テレビ中継で、岡田武史元日本監督が、こう仰っていました。 「ベスト8に行くには、少し執着心が足りなかったのかもしれないですね…」 「あれ…

イラスト:浅海佐理(エス・アイ・ピー)

関連記事【法話&コラム】

法話&コラム
「伝統宗教」と「カルト宗教」の違いについて、キリスト新聞編集長・松谷さんに話を聞いてみた
法話&コラム
【サブカル×仏教】ここより編集長、青年会の前で講義する
ファミリーから
新型コロナウイルスの感染拡大から早3年。 「不要不急」の外出は自粛するようにという「緊急事態宣言」を経て、世の中が様変わりする中、お坊さんをはじめとする宗教者(宗教界)は現状をどう受け止めているのか。 コロナ以前からさまざまな発信に挑戦してきたへんもさんをゲストに、これからの「新しい信仰様式」や伝統宗教が時代の要請に応え得る可能性などについて話をうかがいました。
対談「世界はもっと生きやすい!」 神も仏も不要不急? 宗教から見るコロナ禍
法話&コラム
昨日の敵は今日の友 ドラゴンボール法話#23
法話&コラム
大切な人を亡くした遺族が、その死の悲しみを受け入れるために|グリーフケアという考え方
法話&コラム
【佐山拓郎のウグイス谷から】第15回「夢中は無敵」ニコニコ超会議2023 超テクノ法要×向源に参戦してきました。