スポンサーリンク

桜が身近なここよりオフィス

気象庁が、東京のソメイヨシノが「満開」であると発表する数時間前、ここより編集部は、発表場所である靖国神社にいました。

靖国神社周辺は、桜を眺める観光客でにぎわっていました。
境内へ入ると、キッチンカーなどの出店が並び、お昼休みの時間帯もあってか、かなりの人数がベンチに座り、食事休憩しながら桜を見物していました。



スポンサーリンク

御朱印には桜の刺繍

靖国神社創建の翌年である明治3年、初めてこの地に桜が植えられてから150年。
現在では、境内に約500本の桜があるそうです。
参拝して御朱印をいただくと、かわいらしい桜の刺繍が施されていました。

境内の桜を堪能したあと、千鳥ヶ淵を横目に、靖国通りを流しました。
日本武道館では入学式が行われており、前途洋々の若者たちが、桜を背に、新たな道を歩み始めていました。
門出の場面には、やはり桜が似合います。

神社や寺院で撮影されたキレイな桜の写真をお持ちの方がいらしたら、ぜひ編集部へお送りください!
いつか、紹介できればと思います。



スポンサーリンク

関連記事【編集部から】

ファミリーから
こどもの「未来」によりそう。大竹稽さんの「こども禅大学」開講!
編集部から
仏教初心者講座 2024年「一から学ぶ日本の仏教」in名古屋|第2回開催のお知らせ!
編集部から
仏教伝道協会主催「仏教を英語で学ぶ会2024」が開催されます
編集部から
仏教初心者講座 2024年「一から学ぶ日本の仏教」in名古屋|参加申込み受け付け中!
編集部から
お坊さんレビュー|特別展「法然と極楽浄土」4/16より東博にて開催
特集
「自分らしく生きたのだろうか」を考えるキッカケ