日本人が宗教オンチになった訳

私はオウムサリン事件があった年である1995年に僧侶になりました。学生の頃オウムはじめ、その頃隆盛だった新興宗教の勧誘もそこかしこにありましたし、新興宗教の学内サークルも隠さずにあった時代です。私もよく信者の学生から「何か悩みないですか?」という誘い文句と共に勧誘されておりましたが、その時私が思ったのは「悩みのない人はいない」という根拠なき実感でした。その想いにより私は勧誘に乗ることはなかったのですが、時代として私含め周りには精神世界に興味がある方が多く、また、私は僧侶になる前は理系学生であり、オウムにてサリン事件などの主要事件の実行犯も理系学生だったこともあり、一つ間違えればそっちにいっていたのかもしれないと今でも感じています。

オウムは明らかにカルト・テロ組織だったのですが、それを「宗教」ととらえられ大事件を起こしたことで、宗教全般への逆風が吹き荒れ、僧侶への侮蔑なども目の当たりにしました。この出来事はその後の日本人の宗教観にも大いに影響したと感じ、未だに「宗教」を口にすること自体、あまり好ましいことと思われていない節があります。

日本仏教界に於いては、各宗派の煮え切らない対応によって、宗教の正当な意味や、宗教が生きる人々の安寧を導くものだという認識を伝えられず「仏教は人が亡くなってからお世話になるところ」という観念が促進された。そして、その形としての僧侶の出番である葬儀や法事でさえ、誠意を込めてやられていないと思われている。それでは対価としてのお布施への不満だけでなく、仏教界全体へのネガティブさにつながり、さらにそれが日本人全体の宗教へのネガティブ観につながっていると感じるとともに、日本人が宗教を知ろうとしない、知るのが怖いとなり、宗教オンチになっていった要因なのではと感じます。

このように今流通している「宗教」という概念と、本当の「宗教」との違いを知ることで、宗教概念の感じ方が変わっていくとともに、社会に流通する様々なニュースの見え方も変化していきます。

それが自らの幸せで安らかな生き方指針構築。そして世界中すべての方々と善きコミュニケーションができるべく一端となっていくことでしょう。

新興宗教におけるRELIGION(レリジョン)宗教の利用

日本にある既存仏教以外の宗教、特に新興宗教は、RELIGION(レリジョン)としての宗教をうまく利用し、拡大していきました。*RELIGION(レリジョン)の説明は前編をお読みください。

〇教えを「易しく楽しく正しく学べ」
〇信じれば「悩みや迷いがなくなる」
〇作った「統一的な幸せや平和を目指す」

といった謳い文句にて、入りやすく、抜けづらく、そこのコミュニティ内との関係が強固になることで、家族やそれまでのコミュニティから離れざるを得ない状況を作り、さらに縛られた関係になる。そして悲劇なのは、その状況を信じる本人は、それが幸せだと捉え、さらに正しさを拡大すべく勧誘や献金をしていく状況になっていくこと。それは幹部側からすれば、その方自身の尊厳を認めていることでなく、使いやすい人を育てたというだけとしか思っていないことでしょう。

本当の宗教とは

本当の宗教とは「世界の法則を伝える素材と方法」。それは「正しさ」を与えるものではなく「迷う力」を与えながらも「迷ったまま」で大丈夫な力を与えるものです。

それは「易しく」「楽しく」「正しく」だけでは伝わらないものですし、そのように伝えようとしている者は、相手をビジネス的に利用するために伝えているのに過ぎないのです

より豊かに生きる方法として何らかの「宗教」を学ぶのであれば
〇立場が上の者の言うことや分かりやすく提示された教えをうのみにしない
〇易しさ楽しさ正しさに惑わされて、分かった風にならないよう気をつける
〇すごいと思われている、もしくは社会的権威があるとされる方を信用しない
これは、分類としての宗教だけでなく、例えば科学教・医学教・家族教・趣味教・時世にてはマスク教・ワクチン教でも同じです。

うまく宗教を活用しよう

仏教の基礎思想は、個々の内側から始まり社会に歴然としてそびえる差別が「空」や「縁」によって取り払われることで幸せや安らかさに通じていく教えです。そして仏教を学ぶとは、個人・コミュニティ・社会が、誰も取り残されず差別せず傷つけない状態になるべく目指すべく、あなたの仏法をあなた自身でうのみや依存でなく問い続けていくことであり、その「素材と方法」として、ブッダから伝わる仏法があるのです。

それが結果として私の幸せから幸せの連鎖が起こり、世界が十方三世(無限の時間と空間)に渡り平和に向かっていく力となっていくのです。

あなたは何の宗教を信じていますか?信じていませんか?
どの宗教を「宗教」と認識していますか?

これからさらに適切に宗教を知っていくことで、是非依存やうのみによって人生を棒に振ることなく、あなた自身で切り開き、迷いや悩みがあっても大丈夫な身体と心、そしてコミュニティを創っていっていただけたらと願います。

その「素材と方法」の助けとして、ここよりを活用していただけたら有難いです。

関連記事

仏教身体研究家 藤井隆英が説く 【禅的智慧の泉】 第八回 青春の「三密」
仏教身体研究家 藤井隆英が説く 【禅的智慧の泉】 第七回 今すぐ使える「宗教」の意味(前編)
仏教身体研究家 藤井隆英が説く 【禅的智慧の泉】 第六回 「ハート ウォーミング ディスタンス」の勧め
仏教身体研究家 藤井隆英が説く【禅的智慧の泉】 第五回 桃太郎と鬼、どちらが悪人なのか