これまで仏教や仏像に関する様々な書籍を出版し、数多くのメディアにも多数出演しておられる、イラストレーター&文筆家の田中ひろみさんの個展が浅草で開催されたということで、ここより 編集長の佐山師と、仏教お寺の大ファンでもあり、時宗の僧侶を目指している彩念さんと共に行っ てきました!



今回、東京浅草画廊 Gei 藝にて開かれた特別展示のテーマは「心にじむ仏」。
光あふれる画面の中に、にじむように浮かび上がる数々の仏画が展示されていました。
どの仏様も、 等身低めのメルヘンチックなテイストで描かれていて、画面から優しさとあたたかさが溢れてく るようです。

この絶妙なにじみを出すための画法としては、和紙に薄墨で仏の姿を描き、それから顔料で彩色 して、さらに細かく光るラメで光輝を表現しているそうです。

古来から仏像仏画が制作されるときには仏の周囲に光輪が描かれることが多いのですが、これは、仏様は尊い存在なので、それ自体が光り輝いているのだという考えに基づいています。

今回展示されている画の光は、迸る鋭い光輪ではなく、仏様と、その周りの空気そのものが柔らかく発光しているような雰囲気という印象を受けました。

コロナ禍が発生してから既に数年が過ぎ、それ以前の生活に完全に戻れる見込みは未だ完全には見えないこの状況の中、人々の落ち込んだ心を光り輝く慈愛で優しく包み込み、癒してくれる仏様にお会いしてきた、そんな一日になりました。

田中ひろみプロフィール

イラストレーター&文筆家。奈良市観光大使。丸の内はんにゃ会代表。高野山・熊野を愛する100 人の会メンバー。カルチャーセンター講師。著書は約 70 冊。絵、文、講演、テレビなどで活躍中。
✳︎田中ひろみ ホームページ http://usagitv.com
✳︎田中ひろみユーチューブ http://urx3.nu/LVNu

関連記事【ここより体験記】

編集部から
築地本願寺「報恩講」に行ってまいりました
法話&コラム
シーズン56号本塁打達成!「村神様」効果で参拝者増の日蓮宗・宗隆寺に行ってきました
編集部から
「おまえはどう生きてきたんだ?」日蓮宗・妙法寺で体験「地獄VR」
編集部から
今注目の映えスポット!18品の朝食が食べられる お寺カフェ「築地本願寺カフェ Tsumugi」
編集部から
死者の祭祀の歴史について考える。特集展示「亡き人と暮らす―位牌・仏壇・手元供養の歴史と民俗―」【ここより体験記】
編集部から
「奇跡のお守り」と「悪縁切り」・「虫歯封じのお守り」!?日比谷神社を紹介【ここより編集部員が行く】