4月8日は「花まつり」

キリストの降誕祭である「クリスマス」が12月25日である事を知らない人はいないと思いますが、お釈迦さまのお誕生日が「4月8日」であることをご存知でしょうか。

仏教界では、4月8日に「花まつり」と称して、お釈迦さまの誕生を祝っています。

お釈迦さまが生まれた日、その誕生を祝って、天から甘露の雨が降り注いだという伝説から、「灌仏会」とも呼ばれるその日は、天と地を指さした「誕生仏」に甘茶をかけてお祝いする風習があります。

日本では、ちょうど暖かくなり、桜がキレイに咲く時期でもあることから「花まつり」と呼ばれるようになりました。

花まつりにはカレーを食べよう

さて、そんな花まつりに、新たな風習を根付かせたお坊さんがいます。

浄土宗・長安寺僧侶の、吉田武士上人。
通称「カレー坊主」です。

インドで仏教を開いたお釈迦さまもきっと食べたであろう、みんな大好きなカレー。

カレーならきっと、みんなを笑顔にできるはず。

そう考えた吉田上人は、2年前には「一般社団法人 仏教カレー協会」を設立し、社団理事に就任しました。

活動の甲斐あって、Twitter界隈では「花まつりにはカレーを食べよう」という動きが、平成末期(数年前)からの伝統行事として、根付き始めています。

カレーと布教は、結びついているのです。

カレー好きなお坊さんが本気で考えた、「ほとけさまの精進カレー」

全国カレー好き僧侶の会」の会長でもある吉田上人は、ご自身でも、ほぼ毎日カレーを食べています(推定)。

2018年には、カレー好きなお坊さんたちと力を合わせ「ほとけさまのやさしい精進カレー」というレトルトカレーを開発し、売り上げの一部を寄付するなど、仏教やカレーの普及に尽力してきました。

肉や魚、乳製品や化学調味料などを使わず、野菜を中心に昆布や味噌など、日本の伝統調味料でつくったこのカレーは、カロリーも控えめで、家族みんなで食べることのできる、文字通り「やさしい」カレーです。

昨年も限定3000個が完売し、再販売が待たれていましたが、今年の花まつりに合わせ、また動きがありました。

児童福祉施設へ、「精進カレー」の無償提供

毎年販売していた「ほとけさまのやさしい精進カレー」ですが、今年は販売せず、全国のひとり親家庭や、子どもを支援する団体へ、無償で寄贈されることになりました。

「終息の見えないコロナ禍と、世界情勢の不安の中で、今を生きる子ども達にこそ美味しいカレーを届けたい」という思い。

「布施」「慈悲」といった仏教の精神をカレーで表した、実に吉田上人らしい試みです。

こんな世の中だからこそ、カレーで笑顔の輪を広げたい。

カレーを愛する仏教者だからこそできる、この尊い活動が、あらたな「花まつり」のトレンドなのです。

仏教カレー協会よりご寄付のお願い

仏教カレー協会では「ほとけさまのやさしい精進カレー」の無償提供をはじめ、仏教カレー協会の活動内容に賛同される方々からの支援を募っています。

お釈迦さまの誕生を祝う「花まつり」をきっかけに、美味しいカレーの香りとともに、世界中に笑顔を届けてみませんか。

ご支援のお願い。「ほとけさまのやさしい精進カレー」を児童福祉施設へ無償提供いたします。 | 一般社団法人仏教カレー協会 (buddhacurry.org)

関連記事【ここより編集部から】

編集部から
「自死」について、お伝えしたいことNew!!
編集部から
生前にいただく法名。浄土真宗本願寺派の帰敬式とは
編集部から
徳川家康がモデルの開運大黒天?目黒の大圓寺紹介!【ここより編集部員が行く】
編集部から
『おうちでできる お寺のごはん』電子書籍版 発売!
編集部から
ニコニコ超会議2022『超テクノ法要×向源』(in 幕張メッセ)潜入レポート!
編集部から
目黒のパワースポット!目黒不動尊【ここより編集部員が行く】