千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要

令和5年9月18日(月)浄土真宗本願寺派(西本願寺)は、第43回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要を執り行いました。

この法要は、今年で43回目となりますが、新型コロナ感染症期間を経て3年ぶりの一般参拝者を交えた法要となりました。

過去の痛ましい歴史を振り返り、再び戦争への道を歩まないという平和への願いを新たにし、仏の教えが十方に響き渡ることを願い、「平和の鐘」を撞きました。

また、次世代を担う青少年に、この法要の趣旨である平和について考えてもらうために、宗門関係学校から「いのちの尊さ」「非戦・平和の大切さ」をテーマとした作文を募集し、その中から最優秀賞として、敬愛中学校二年 安田悠真くん、崇徳高等学校二年 大江美咲さんの作品が選ばれ朗読後、表彰式を行いました。



スポンサーリンク

関連記事【編集部から】

ファミリーから
こどもの「未来」によりそう。大竹稽さんの「こども禅大学」開講!
編集部から
仏教初心者講座 2024年「一から学ぶ日本の仏教」in名古屋|第2回開催のお知らせ!
編集部から
仏教伝道協会主催「仏教を英語で学ぶ会2024」が開催されます
編集部から
仏教初心者講座 2024年「一から学ぶ日本の仏教」in名古屋|参加申込み受け付け中!
編集部から
お坊さんレビュー|特別展「法然と極楽浄土」4/16より東博にて開催
編集部から
都内の桜満開の日、靖国神社に行ってきました