【いちばん明るい、北の国から】第1回 はじめまして、玉置です サクランボが旬の町から、ごあいさつを 玉置真依 ここより

ここより

ここより

ここより

グル―パーズ

【いちばん明るい、北の国から】第1回 はじめまして、玉置です

ここよりファミリーから

玉置真依

玉置真依

高野山真言宗

2021-7-1

【いちばん明るい、北の国から】第1回 はじめまして、玉置です - サクランボが旬の町から、ごあいさつを

サクランボが旬の町から、ごあいさつを

皆さん、はじめまして。玉置真依(たまき・しんえ)です。

北海道の仁木(にき)町にある高野山真言宗のお寺、仁玄寺(にんげんじ)の副住職をしています。


【いちばん明るい、北の国から】第1回 はじめまして、玉置です -

お寺がある、つまり私が住んでいる仁木町は、サクランボやミニトマト、ワインぶどうやシャインマスカットがとれる農業の町です。今はちょうど、サクランボが旬を迎えています。

高校生の時、不登校を経験したからでしょうか。「誰かの辛い気持ちに対して、何かができる僧侶でありたい」という気持ちが強く、「大切な人(もの)を失った時に起こる自然な反応や影響」へのケアを意味する「グリーフケア」について学んだり、市民団体のスタッフとして関わらせてもらったりもしています。


【いちばん明るい、北の国から】に込めた思い

そんな私のコラムのタイトルは「いちばん明るい、北の国から」とさせてもらいました。

北の国から。

はじまりは1981年に始まった、北海道を舞台にした人気ドラマのタイトルでしたが、そのテーマソングは、40年後の今でも、北海道日本ハムファイターズの応援歌として歌われる、まさに北海道を代表する一曲となりました。

ちっとも野球には詳しくなれませんが、地元球団ファイターズの応援は楽しく、チャンスで流れる、熱い「北の国から」が私は大好きです。


【いちばん明るい、北の国から】第1回 はじめまして、玉置です -

(2017年10月4日、大谷翔平選手が4番・投手で出場したときの思い出の写真です。海外の大活躍、とても嬉しいです。)

また今年は、ドラマの主演を務められた田中邦衛さんの訃報に接し、これまでとは全く違う気持ちで、この曲を聴かれた方も多いのではないでしょうか。

――こんなふうに、聴く人の数だけ、出会うシーンの数だけ、それぞれの「北の国から」があることでしょう。

実は私、「仏教に出会ってから、明るくなったね」とよく言われます。

そんな自分の歩みをふまえて、他の何よりも明るく響く「北の国から」のようなコラムを、皆さんにお届けできたらと思っています。

それでは、どうぞよろしくお願いします。


玉置真依 自己紹介 いちばん明るい、北の国から 住職 北海道