東京国際仏教塾とは…

顧問 中野東禅先生
顧問 中野東禅先生

東京国際仏教塾は「朝は希望に起き、昼はつとめに励み、夜は感謝に眠る、凛々とした人生をともに歩みはじめしょう」をキャッチフレーズに、1988(昭和63)年に発足しました。

仏教は日々をどう生きるか、私が生きるための指針を示す宗教でもあります。

当塾は、宗派という垣根を超え、マクロな視点で「仏教」を学ぶことが出来る塾。

顧問には中野東禅先生を迎え、一流の仏教学者の方々の指導を仰ぎ、実際のお寺で修行体験を行うなど、さまざまなアプローチで仏教を学んでいただきます。

もちろん、年齢、性別、国籍を問わず、入塾できます。

東京国際仏教塾のカリキュラムは…

前期と後期に分かれています。

前期は、仏教入門課程(通信教育基礎課程)として4月〜10月、後期は専門課程(宗旨実習課程)として11月〜翌年3月に開催します。

前期の入門課程のスケジュールは、4月21日(金)に開講式。東洋大学前学長の竹村牧男先生の特別講演を予定。

5月のスクーリングでは、大正大学元学長の小峰彌彦先生、東洋大学教授の渡辺章悟先生を含む、第一線の仏教学者の方々が顔をそろえ、指導にあたります。

コロナ禍の開催ではありますが、細心の注意を払い、例年どおり、会場は東京大学仏教青年会館で開催する予定です。
※東京の感染状況により会場を変更する可能性はあります

修行体験は2回(4月と6月)。いずれも千葉のお寺で二泊三日、行います。

7〜9月末までの間に、スクーリングと参考資料に基づき、3課目の学科レポートの提出が必要となります。こちらは、ご指導いただいた先生がすべてのレポートに眼を通し、コメントを添えた成績が手元に届きます。

後期の専門課程は、宗旨別になります。
前期の入門課程を修業した人のみが参加可能です。
各宗派に分かれ、教学、声明(読経)、仏前作法など、基礎的な学習を月1回(2日連続)計10日間あります。
こちらを卒業するには、出席日数とレポート提出が必須です。
現在、当塾が用意している宗派は、天台宗、真言宗(高野山真言宗)、浄土宗、浄土真宗(東本願寺系)、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗の7コースです。

こちらの後期専門課程を受講する方の中には「宗派を絞れない」「もっと他の宗派を学んでみたい」と、翌年、別の宗派で勉強なさる方もいらっしゃいます。
驚くのは、全宗派をクリアされた方まで登場し、姿勢や熱意には驚かされます。

東京国際仏教塾オンライン説明会を開催!

東京国際仏教塾は、2023年2月18日(土)、13時30分から約1時間。第34期となる入塾説明会をオンラインで開催します。

オンライン説明会は、お申し込みいただいた方のみとなっていますが、すでに入塾申し込みを完了された方も参加可能です。

参加申し込み期間は、2月16日(木)まで。

詳細は、東京国際仏教塾「塾の伝言板」で告知していますが、オンライン説明会に参加を希望される方は、⑴お名前、⑵年齢、⑶居住地、⑷東京国際仏教塾への質問をご記入いただき、下記のメールアドレスへ。

メール:jimukyoku03@tibs.jp
ファックスでの申し込みも可能です。
Fax:03-5838-6838

説明会参加申し込み締め切りは、2月16日(木)午後5時までとなります。
お申し込みいただいた方に、東京国際仏教塾の事務局より、オンラインのURL(ID&パスワード)をお届けします。
佛教に興味がある方は、まずはオンライン説明会へご参加ください。

東京国際仏教塾 第35期入塾希望者を募集!

東京国際仏教塾ホームページ トップ画面

入塾希望の方は、東京国際仏教塾「入塾のご案内」を参考の上、フォーム、メールへ添付、もしくは郵送でお申し込みください。

入塾願書の提出期限は、2023年3月31日(金)までです。選考基準は、先着順となっておりますので、ご了承ください。

毎年、入塾の理由はさまざまです。
「仏教とはなにか?」という純粋な疑問から、「仏教を勉強したい」という勉学心に燃える方、また「家の宗派をよく知りたい」「宗派の区別がつかない」という方もいらっしゃいます。

そんな方々へ東京国際仏教塾は門戸を開放。
宗派、老若男女、LGBT(ただし、修行体験は宿泊を伴いますので、事前にお申し出ください)、国籍を問わず、受け入れる場になっています。

お問い合わせ

東京国際仏教塾
新宿事務所
03-5333-0027
町屋事務所
03-5838-6852

新着お知らせ

編集部から
【2023年3月4日開催】第31回BDKシンポジウム「仏像の美-なぜ人は祈るのか」開催
編集部から
「木魚ってなんですか?」ここより質問箱 #5
編集部から
カリフォルニア・マインドフルネス 週末リトリート第2回