ご恩に感謝を『浄土真宗の年間の主な行事について』 ここより

ここより

ここより

ここより

グル―パーズ

ご恩に感謝を『浄土真宗の年間の主な行事について』

浄土真宗について

ここより

ここより

ここより編集部

2021-6-2

ご恩に感謝を『浄土真宗の年間の主な行事について』 -

浄土真宗では一年の間に、さまざまな仏教行事が執り行われます。


ご恩に感謝を『浄土真宗の年間の主な行事について』 - 修正会(しゅしょうえ)/元旦会(がんたんえ)【1月1日〜】

修正会(しゅしょうえ)/元旦会(がんたんえ)【1月1日〜】

お寺では年の初め、元旦より修正会というお勤めが執り行われます。

期間は元旦のみの一日、三日間、五日間、七日間と寺院によってさまざまです。

本願寺派では元旦会といい、一日だけのお勤めとなります。

元旦会とは、一年のはじまり(年頭)にあたり、
仏さまの教えに生きようとの決意を新たに、
浄土真宗門徒としての自覚をたしかにするための法要で、
年初めの初参りとなります。

お供えには鏡餅をお供えします。


ご恩に感謝を『浄土真宗の年間の主な行事について』 - 彼岸会(ひがんえ)【3月21日または「春分の日」、9月23日または「秋分の日」を中心とした一週間】

彼岸会(ひがんえ)【3月21日または「春分の日」、9月23日または「秋分の日」を中心とした一週間】

お彼岸と呼ばれる彼岸会法要は、一年に春と秋の二回、法要が執りおこなわれます。

春の彼岸会は、三月二十一日または「春分の日」を中心とした一週間となります。

また、秋の彼岸会は、九月二十三日または「秋分の日」を中心とした一週間となります。

彼岸会とは、彼の岸ということで、私たちの世界を此の岸といい、
仏さまの世界である浄土を表しています。

浄土とは阿弥陀如来の世界であり、亡き人々のおられる世界です。

そして彼岸会とは「仏法をご聴聞する週間」と言うべきもので、
亡き人々を偲ぶとともに、亡き人のおられる世界を聞きひらくための仏教行事なのです。

お供えには、お華束といって、白い小餅を重ねて盛ってお供えします。


ご恩に感謝を『浄土真宗の年間の主な行事について』 - 盂蘭盆会(うらぼんえ)/お盆(おぼん)【7月14〜15日または8月14〜15日】

盂蘭盆会(うらぼんえ)/お盆(おぼん)【7月14〜15日または8月14〜15日】

お盆と呼ばれる盂蘭盆会は、地方によって異なりますが、
七月十四日から十五日、または八月十四日から十五日の二日間となります。

お盆は亡き人々を追慕して、亡き人々のご恩に感謝をする行事となります。

浄土真宗では、亡き人の霊魂が現世に来たり、浄土に帰ったりという観念は持ちません。

そのため、迎え火や送り火をしませんし、お膳をお供えることもありません。

あくまでも亡き人の心に触れ、仏さまの教えを聞く機会となります。

お供えには、お華束といって、白い小餅を重ねて盛ってお供えします。


ご恩に感謝を『浄土真宗の年間の主な行事について』 - 報恩講(ほうおんこう)【11月21〜28日(東本願寺)、1月9〜16日(西本願寺)】

報恩講(ほうおんこう)【11月21〜28日(東本願寺)、1月9〜16日(西本願寺)】

浄土真宗の教えを開かれた宗祖親鸞聖人のご生涯をしのび、
その教恩に感謝して営まれる法要で、浄土真宗門徒にとって、もっとも大切な行事となります。

東本願寺では、十一月二十一日から二十八日まで七夕夜にわたり、御正忌報恩講が勤められます。

一方、西本願寺では、ご命日を太陽暦に換算して、毎年一月九日から十六日まで勤められます。

一般の寺院やご家庭での報恩講「お取り超し」といい、
ご本山よりも前倒しにお勤めとなることが慣例となります。


浄土真宗の年間の主な行事について 行事 浄土真宗

ここより

ここより

私たちはSDGsに取り組んでいます。

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。そもそもどう発音するかというと、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。時々エス・ディー・ジー・エスと読まれる方がいらっしゃるのですが、最後はGoals(ゴールズ)の略です。

ここより編集部