師走だけど走らない。ここよりの未来のお話

令和3年もはや師走となりました。

おもしろいもので、なんとなく毎年、12月になると忙しくなります。走るまではいきませんが。

今年は、目黒の寺院の住職を辞し、ここよりの編集長に就任するなど、個人的にはだいぶ変化のあった年でした。皆さまにとってはどんな年だったでしょうか。

昨年の暮れに母が亡くなり、年金のストップや遺品整理、相続などの手続きから始まり、ひょんなことから徒弟をとることになり、手続きに奔走したりなど、仕事以外での動きも多く、たいへん忙しい年でもありました。

有難いことです。

おかげ様で、僧侶としての活動も、ここよりでの活動も、さらに紙媒体の編集活動(もう少ししたら詳細をお伝えできると思います)も充実してきています。

カレンダーの制作にも関わりました(皆さんぜひお買い求めください!)。
カレンダー購入はこちら

これもひとえに、ここよりをお読みいただいている皆さまや、参加してくださっているファミリーのおかげです。

私が編集長となった4月から、徐々に参加者を募集していったところ、12/5(日)現在で、16名と1団体の「ここよりファミリー」が集まりました。

まださらに、これから増えていきます。皆さまがあっと驚くような人の参加だって、あるかもしれません。

現在はまだお坊さんの参加者の方が多いですが、松谷さんを始めとしたキリスト教関係者や、ひょっとすると神道や、宗教以外のところからも、皆さまの「心のよりどころ」となるような人物が参加してくれるかもしれません。

楽しみにお待ちいただければ、と思います。

私は、以前勤めていたお寺で、いつか「お寺フェス」「お寺expo」のような催しができるといいな、と夢見ていたことがあります。

なかなか実現は難しいかなあ…、と思い始めていたところ、様々なことから住職を辞さなければならなくなり、ほぼ同時にここよりの編集の話があり、今に至ります。

現在、ここよりでやっていることが、以前からの夢に繋がるような気がしています。

まだまだこれからのサイトですが、今後ともご贔屓にしてくださると嬉しいです。

関連記事

【佐山拓郎のウグイス谷から】第12回 分の源に向かう-ニコニコ超会議に参戦してきました-
「ひなたの道を歩けば、人生は輝く」佐山拓郎の【カムカムエヴリバディ法話】
【佐山拓郎のウグイス谷から】第11回 戦争と平和と、カムカムエヴリバディ
【佐山拓郎のウグイス谷から】第9回 突然亡くなったお坊さんの友人の話