ダイエットやボディメイク、スポーツのパフォーマンス向上など、全ては正しい姿勢から

「ここよりファミリー」の藤井隆英(ふじいりゅうえい)師が開発しました
『zafu[ざふ]』を紹介させて頂きます。

藤井隆英師プロフィールページはこちら

はじめまして、
ここより編集部員 兼 NSCA認定パーソナルトレーナーの儘田(ままだ)琢哉と申します。

パーソナルトレーナーとしての活動では、
主にボディメイクや体力向上を取り扱っております。

見出しにも書きました通り、
全ては正しい姿勢から始まります。

なぜなら、
私達の身体にある血管や神経、消化器官や呼吸器官は、
正しい(まっすぐの)姿勢に対し駆け巡っているからです。

悪い(まがった)姿勢では血液などの巡りが悪くなり、
様々な機能を低下させる上に、腰痛・肩こりの原因にもなります。

ということで、
レッスンの初回には必ず“姿勢”の説明をさせて頂いております。

「正しい姿勢の座り方」に導いてくれる上、身体の方から正しい姿勢を導き出す感覚も味わえる。

学校や会社、家で過ごす時間の大半が、
椅子に座っている時間だという方、多いのではないでしょうか。

そのような方は「正しい姿勢の座り方」を、
日常生活に取り入れましょう。

椅子に座っているときの正しい姿勢のポイントは、
「骨盤の角度」にあります。

「骨盤の角度」が整えば、
自然と背筋(背中から首)、頭の位置が整います。

この「骨盤の角度」を言葉で説明するのはとても難しく、

「やや前傾、ただし前傾させすぎない」、
「後傾させない」、でも「反り腰の人は、やや後傾」…?

レッスン中はよしとして、
日常生活に取り入れて頂けるほど伝えきれているかというと…なんとも言えません。

この度紹介させて頂きます『zafu[ざふ]』は、
坐禅時に使う座布団で、空気を入れて使用します。
入れる空気の量を変えることで、坐禅以外にも様々な用途に使用できます。

なかでも私が一番気に入っているのが、椅子での使用です。

【以下、『zafu[ざふ]』取扱説明書より抜粋です】

−椅子や車などで疲れない、正しい姿勢を導く補助具として−

・15%〜40%(←空気を入れる割合です)

所定の膨らみを具合とし、
椅子の中心部もしくは背もたれにかかるように『zafu[ざふ]』を置きます。
『zafu[ざふ]』の前部から中心部に座り、
空気を後ろに寄せるようにします。
すると『zafu[ざふ]』の膨らみによって骨盤を優しくフィットしサポートされる形となり、
腰などの負担を軽減し心地よい座り方を導きます。
背もたれのない椅子では、骨盤が優しくサポートされ背もたれの代わりともなります。
また車の背もたれに置いて座ることで揺れを吸収し長時間の運転でも疲れづらくなります。
置き方や部位によって適切な膨らみが違うので、
より心地よくなるよう調整し使用してください。

【以上】

『zafu[ざふ]』が正しい姿勢に導いてくれる上、
同時に身体の方から正しい姿勢を導き出す感覚を味わえます。

バランスボールに座るような(…でもイコールではない)感覚です。

身体の方からも正しい姿勢を導き出しますので、
正しい姿勢を保つ筋肉の使い方を身体自らが学びます。

長時間座られる方、悪い姿勢に悩まれている方、
「正しい姿勢の座り方」に導く補助具として、
新たなアイテムとなるかもしれません。

〈『zafu[ざふ]』公式サイト〉
https://bosan32000.wixsite.com/sinsindo

関連記事

東京タワーのふもと、増上寺に隣接する「三康図書館」へ行こう!
【2022年9月27日開催】仏教初心者講座「一から学ぶ日本の仏教」2022が対面・オンラインで同時開催!
「ここより」から、夏休み明けの皆さんへ
「教誨師」にスポットをあてた第29回BDKシンポジウム「人は人を救えるのか 教誨師の活動から考える」が開催!!