7月、8月は「お盆」の季節。

本来であれば、お盆休みを利用して帰郷。

ご両親やおじいちゃん・おばあちゃんに会いに行くところ、
昨年に引き続きコロナウイルス感染拡大防止の観点から、
帰郷できずにいる方、多いのではないでしょうか。

3密回避の観点から、外出そのものを控え自宅でむかえるお盆休み。

「ここより」を通じて、ここで改めて「お盆」の意味に触れてみませんか?

両親に、ご先祖さまに感謝する

「お盆」といっても、宗派や地域によって時期や風習は様々ですが、
「お盆」を通じて、両親とご先祖様に思いを馳せ、感謝するということは共通なのではないでしょうか。

私一人に両親は二人。

祖父母は四人。

そのまた親は八人…世代をさかのぼるごとに倍々で増え、
百数十年もさかのぼれば三十名を超えるご先祖さまがいて…。

数千年、数万年とさかのぼると、ご先祖さまの数は何万、数十万人…。

そして、時代をさかのぼるほど、「生き抜く」ことは過酷であったでしょう。

これまで数多くの疫病や、戦争、天災などに見舞われながら、生き抜いてくださったご先祖さま。

数十万人のご先祖さまの一人でも欠けていたら、今の私はいません。

「生まれるのは偶然、死ぬのは必然」

今ここにある私の命。

両親に、そして、ご先祖さまへの感謝の思いは尽きません。

そのような「両親に、ご先祖さまに感謝する」思いを「お盆」を通じて思いなおす。

「ここより」では、「お盆の意味」について様々な方面から触れております。

「ここより」を通じて、ここで改めて「お盆の意味」に触れてみませんか?

〈写真協力〉
https://pixabay.com/ja/users/anemone123-2637160/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=2447163

関連記事

「自死」について、お伝えしたいことNew!!
『おうちでできる お寺のごはん』電子書籍版 発売!
みほとけ&青江覚峰 YouTubeコラボ! 『お寺のごはん』をつくる
お釈迦さまのお誕生日をご存知でしょうか。「カレー坊主」吉田武士上人の挑戦。