購入はこちら↓

凛咲 Vol,1 -親のこと 家族のこと 私のこと- | ここより

2023年7月28日(金)発売開始【凛咲  Vol,1 -親のこと 家族のこと 私のこと-】2022年まで発売されていた葬儀業界の雑誌「葬祭流儀」を大幅リニューアル!ライフスタイルマ…

4月下旬、最高の天気

雑誌『凛咲』リニューアル創刊に伴って、いちばん最初に決まった企画が「みほとけが行く!」です(たぶん)。
先日、「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」のファイナリストになった「みほとけ」さんに、「地元・鎌倉」を案内していただいた時の様子が、今週発売の雑誌『凛咲』に掲載されています!
7/28(金)、書店やここよりショップを要チェック!

「ダイアン」のファン店員と

まずは開店前の「豊島屋菓寮 八十小路」へ伺いました。
人気ナンバーワンの「わらびもち」を取材させていただく予定でしたが、たまたま夏用の新メニューの写真を撮っていたので、そちらも試食させていただきました!
かき氷、美味でした。白玉が変わったそうです。

かき氷を運んでくれた店員さんは、芸人「ダイアン」のファンとのことで、みほとけさんとラジオの話題で盛り上がっていました。

もちろん、わらびもちも美味しかった~!

続いて、「鳩サブレ」で有名な「豊島屋本店」へ。
さまざまな和菓子が並んでいるなか、注目はお土産売り場。なんと売り場自体が鳩サブレの形をしています!
カワイイ鳩グッズも注目です。

わっふる店「瀬戸小路」では、2種類のワッフルをいただきました!
ワッフルはすべて目の前で焼いてくれます。
「ヒルナンデス!」のロケも来たという2階のイートインスペースで、プチ撮影会。

小物店「鎌倉八座」でお土産を物色。
ここには、地元の作家さんが作る小物や、お寺で作っている「だるまさん」など、鎌倉ならではのお土産がたくさん置かれています!
みほとけさんイチオシは、「しらす辣油」。自宅に切らしたことのないほどのファンであるとのこと。ごはんに乗せてよし、ツマミにしてもよしの逸品です。

小町通りで、しばし撮影会。

鎌倉駅から最も近い寺院「大巧寺」へ。安産を願う女性が多く訪れる、通称「おんめさま」と呼ばれる寺院です。
道を挟んだ正面にある、かまぼこ屋さんから門を見ると、門横の石が「子を抱いた母」のように見えるというこのお寺の境内で、また撮影会。自然豊かな境内でした。

美味しいパンと駄菓子の空間

みほとけさんおススメのオーシャンビューのある定食屋さんで昼食をいただき、材木座海岸方面へ。
浄土宗大本山の、光明寺へ伺いました。

さすがの迫力。
本堂は工事中で残念でしたが、その分色々なところを案内していただきました。

さらに、光明寺裏の、展望台。
知る人ぞ知る、鎌倉の名スポットです。ぜひインスタ映えを狙ってください!
期間限定で開放されている山門の仏像も堪能。

次に、みほとけさんの「ミス鎌倉」の先輩にあたる方が店長を務めているパン屋さん「KAZEMACHIYA」へ。
焼きたてパンはもちろん、飲み物も豊富で、店内でPC作業をしている方もいました。
さらに、このお店では駄菓子の販売をしており、学校や塾、習い事帰りの小学生たちの社交場にもなってました。なんと素晴らしい空間。

細かすぎて伝わらない鎌倉豆ちしき

最後に、材木座海岸で「ヤンジャンのグラビア風」写真を撮ろうということになり、撮影会。
鎌倉といえば江ノ電だろう、ということで、江ノ電との写真も数枚撮って、この日の取材は終了しました。

都内からの移動中も、仏像トークや、地元・鎌倉のお話が止まらなかったみほとけさん。
いちばん印象に残った話を、ここで紹介いたします!

「『鎌倉あるある』なんですけど、『雨の日の江ノ電はクサい』っていう(笑)」

「凛咲」の「鎌倉ぶらりまち歩き」と、みほとけさんの「鎌倉あるある」第2弾を、どうぞお楽しみに!

購入はこちら↓

凛咲 Vol,1 -親のこと 家族のこと 私のこと- | ここより

2023年7月28日(金)発売開始【凛咲  Vol,1 -親のこと 家族のこと 私のこと-】2022年まで発売されていた葬儀業界の雑誌「葬祭流儀」を大幅リニューアル!ライフスタイルマ…

関連記事【編集部から】

編集部から
仏教初心者講座 2024年「一から学ぶ日本の仏教」in名古屋|参加申込み受け付け中!New!!
編集部から
お坊さんレビュー|特別展「法然と極楽浄土」4/16より東博にて開催New!!
編集部から
都内の桜満開の日、靖国神社に行ってきましたNew!!
特集
「自分らしく生きたのだろうか」を考えるキッカケ
編集部から
「花まつり」ってなんですか?|ここより質問箱#11
書籍紹介
仏像好き芸人「みほとけ」の本『みほとけの推しほとけ』出版イベントに行ってきました