10周年を迎えた「キリスト教×エンタメ」企画

みなさん、はじめまして。今年、「ここよりファミリー」に加えていただきました松谷と申します。
クリスチャンの両親のもとに生まれ、毎週日曜日は教会に通い、キリスト教系学校での教員生活を経て、現在はキリスト教の業界紙「キリスト新聞」の編集に携わるという“ガチ勢”ですが、ご縁があって仲間に加えていただきました。

名だたる執筆陣に囲まれアウェイ感満載ですが、かねて同じ宗教者として、若いお坊さんたちの活躍には注目し、羨望の眼差しすら抱いてきました。特に「彼岸寺」「フリスタ」「向源」「未来の住職塾」などに刺激をいただき、キリスト教界にも新しいムーブメントを起こせないかと願ってまいりました。

さかのぼること10年前、東日本大震災で国中が揺さぶられた年。それまで温めていた「教会・団体・企業・学校・サークル・個人のためのフリーマーケット」「教会版コミケ」の構想を、今こそ具現化すべきタイミングだと奮起し、初めて「いのり☆フェスティバル」(略称=いのフェス)を、都立産業貿易センターで開催しました。

以来、毎年1回以上、都内を中心に大阪、名古屋、神奈川、岡山と各地で続けて開催。基本的には、ふだん教会や聖書、キリスト教に触れるにはハードルが高いという人のために、気軽に参加できるイベント(エンタメ)としてのコンセプトを大事にしつつ、多方面から魅力的なゲストを招いたトークライブなども企画しています。

「カミとホトケと、時々、オタク」と題し、「オタキング」こと岡田斗司夫さんを招いた企画に、曹洞宗の吉村昇洋さんも登壇していただいたのが2012年の第2回「いのフェス」。以後、必ず仏教界からも旬なゲストをお招きしてコラボできるように努めてきました。

【いのフェス2012】岡田斗司夫×吉村昇洋×波勢邦生 鼎談「カミとホトケと、時々、オタク」(1)
https://youtu.be/jqL5FUHZHw8

【いのフェス2018】牧師と僧侶がガチ対決 お題説教×お題法話 ギョーカイ用語禁止編 陣内大蔵ほか
https://youtu.be/qymv9YY6eiY

2020年に続けてのオンライン開催。8時間の無料生配信!

昨年はコロナ禍の影響で初のオンライン開催となりましたが、これまでのような会場による縛りがあると難しい企画を考案。世界4カ国(アメリカ、イギリス、イスラエル、南アフリカ)をつないだ、これまでにないオンラインならではの「いのフェス」を実現することができました。
仏教界からは龍岸寺の池口龍法さん、高善寺の武田正文さんに出演していただきました。

【いのフェス2020】(3)特別ゲスト MARO(上馬キリスト教会ツイッター部「まじめ担当」) 独占インタビュー「バズる教会ここだけの話」
https://youtu.be/yjHJxd0-83o

【いのフェス2020】(4)宗教をつなぐ~世界のコロナ禍と宗教事情 山森みか×川島堅二×池口龍法×ナセル永野×與賀田光嗣
https://youtu.be/hqPzPpeoCCo

【いのフェス2020】(2)動画でつなぐ~集まれYouTuberの森 ともみん×セイントお姉ちゃん×JMC・三野豊×武田正文
https://youtu.be/J2rr2wHgif0

今年も早々にオンラインによるクリスマス当日の開催を決断。方々のゲストと出演交渉する中で、昨年からさらに2時間延長し、8時間の生配信、出演ゲストは総勢8組20人超という規模になってしまいました。

「クリぼっちなんていわせない!!」を合言葉に、イエス・キリストの生誕祭であるクリスマスになじみの深い方も、そうでない方も、今年の鬱憤を吹き飛ばすためにご参集いただければ幸いです。なお、お坊さん(仏教関係者)たちのクリスマスの過ごし方につては、ぜひ改めてお聞きしたいと思っています。

今回は10年分の感謝を込めて、全企画無料。午後3時から以下のYouTubeライブからぶっ続けで配信しますので、申込不要でどこからでも視聴が可能です。

【いのフェス2021】10周年感謝祭☆8時間無料生配信「クリぼっちなんていわせない!!」
https://youtu.be/hF9pu_vP254
※動画の配信は終了しました

Googleアカウント(YouTubeチャンネル)をお持ちであればチャット欄からコメント、スパチャでの参加ができますので、ぜひリアルタイムでライブ感を満喫していただければ幸いです。

ここより編集長 佐山拓郎の出演シーン

18時からは牧師さんとお坊さんによる「マンガ夜話」

そして、18時からは本サイト「ここより」編集長の佐山さんにも満を持してご登壇いただきます。題して、「牧師さん&お坊さんと語る“いのフェス”マンガ夜話」。
幼少時代にジャンプ黄金期を過ごした3人のマンガ好き宗教者が「推し」への愛と崇敬、信心?を心ゆくまで披瀝するという誰得企画ですが、ぜひご視聴ください。

ちなみにお二人のプロフィールは以下のとおりです。

阿部頌栄(日本ナザレン教団仙台富沢教会牧師)
 あべ・しょうえい 1983年生まれ。家族は素敵な連れ合いとやんちゃな2人の子ども。幼少期よりオタクの姉の薫陶を受けて育つ。ジャンプおじさん。好きなジャンプマンガは『ヒカルの碁』『ダイの大冒険』『ジョジョの奇妙な冒険』。近年だと『火の丸相撲』。好きな『アウターゾーン』回は「妖精シリーズ」と「魔人の手」。マンガ以外の趣味は野球、将棋、ボードゲーム、大雑把な料理、『問わず語りの神田伯山』(TBSラジオ)。

佐山拓郎(浄土宗僧侶、「ここより」編集長)
 さやま・たくろう 1975年生まれ。ジブリ原作者の父の影響で幼少よりサブカルチャーに親しみ、仏教とサブカルを融合させることを生きがいとする。 目黒の五百羅漢寺で住職を務めていたが、今年3月に退任。4月からはwebサイト「ここより」のチーフ・エディターとして「ドラクエ法話」「ドラゴンボール法話」などを手掛ける。好きなジャンプマンガは圧倒的に『キン肉マン』。最近では、読切『ルックバック』の描写力に感動しました。

では、明日、画面越しにお会いしましょう。メリー・クリスマス!!

*SNSでも随時「#いのフェス」を付けて感想などを発信、シェアしてください。

*「#イケボ聖書」で読んでほしい聖書箇所も募集中です。

*アーカイブは後日、メンバーシップ限定でシェアいたします。

*企画の詳細は以下のPeatixサイトをご参照ください。
https://inofest2021.peatix.com/

関連記事

【5月23日(月)19:15 〜】仏教座談庵「いろり」 #12オンライン話し合い法座「平和って何だろう?」新着!!
「自死」について、お伝えしたいこと新着!!
生前にいただく法名。浄土真宗本願寺派の帰敬式とは
徳川家康がモデルの開運大黒天?目黒の大圓寺紹介!【ここより編集部員が行く】