今年で第5回目を迎える「掲示板大賞」。過去の受賞作は…

2018年から始まり、はや5回目を迎える、仏教伝道協会主催の「輝け!お寺の掲示板大賞」。
この4年間で、投稿作品も増え続け、昨年は2887作品もの投稿があったといいます。
「タモリ倶楽部」など、さまざまなメディアでの紹介や、SNSのバズりなどもあり、徐々に認知度が高まっている印象です。

輝け!お寺の掲示板大賞2022 | 公益財団法人仏教伝道協会

過去の大賞受賞作品は、

「おまえも死ぬぞ 釈尊」 
受賞者 nakata junko 中田絢子@10com_nj
撮影寺院 願蓮寺(岐阜県)


「衆生は不安よな。阿弥陀 動きます」
受賞者 松崎智海(非売品僧侶)@浄土真宗本願寺派♪永明寺住職@matsuzakichikai 
撮影寺院 永明寺(浄土真宗本願寺派・福岡県北九州市)


「コロナよりも怖いのは人間だった」
受賞者 azusa0225mike 
撮影寺院 明導寺(浄土真宗本願寺派・熊本県球磨郡)


「仏の顔は何度でも」
受賞者 林鶯山 憶西院 超覺寺@chokakuji 
撮影寺院 超覚寺(真宗大谷派・広島県広島市)


ハッとさせられる言葉。有名人の言葉のもじり。コロナ禍の中での心の叫び。そして、仏の慈悲についての温かい言葉。
その他にも、趣深い言葉の数々が紹介されてきました。
ここより編集長である私が、過去の受賞作で一番気に入ったのは

2021年「まいてら賞」の
「もっとも優しい言葉は その人の名を呼ぶことである」
受賞者 まぜるてとて 関さんぽ@mazerutetote 
撮影寺院 明淳寺(浄土真宗本願寺派・岐阜県関市)


でした。
今、この世にもっとも必要なのは、「やさしさ」なのではないでしょうか。

なんと「ここより賞」が設立されました!

なんと、今回の大賞より「ここより賞」を設置していただきました。今から選考が楽しみです。
応募期間は、2022年7月1日から10月10日まで。投稿写真は2022年4月1日以降に撮影されたものから有効となります。
その他、募集要項をきちんと確認し、「いい!」と思った掲示板を投稿してみてください。

ぜひ応募してみてください

お寺の掲示板は、もっとも身近な「伝道」といえます。
お寺側の、「仏の教えを届けたい」という思いと、一般衆生の「救われたい」という思いが、小さな掲示板の中でぶつかり合ったとき、エモーショナルな投稿が生まれるのではないかと思います。

ぜひ、身近なお寺の掲示板に注目して、「お寺の掲示板大賞」、そして「ここより賞」を目指してみてください!

輝け!お寺の掲示板大賞2022 | 公益財団法人仏教伝道協会 Society for the Promotion of Buddhism

【輝け!お寺の掲示板大賞2022】一般の人々もしくは寺院関係者がお寺の掲示板の写真データをツイッターやインスタグラムに投稿し、その標語内容の有難さ・ユニーク・イン…

関連記事

特集
写真と記憶を再生する。東京印書館の「デジタルリマスター」がつなぐ「人の縁」New!!
法話&コラム
「伝統宗教」と「カルト宗教」の違いについて、キリスト新聞編集長・松谷さんに話を聞いてみたNew!!
編集部から
【2022年7月19日開催】仏教初心者講座「一から学ぶ日本の仏教」2022が対面・オンラインで同時開催!