1/17(月)に発売され、好評をいただいている、青江覚峰師の『-五感をととのえ こころで味わう- おうちでできる お寺のごはん』。

書籍で紹介しているレシピから得られる効果を5つ紹介!

サウナで「ととのう」ようなリラックス


青江師渾身のお寺のごはんレシピから、人間の持っている6つの感覚「六根」と向き合って料理をしているうちに、自然と心と身体がととのってきて、リラックスした状態になります。

出汁をとったり、ゴマを擦ったり、目の前のことに集中することで神経が研ぎ澄まされ、気持ちの良い、リラックスした状態になってくるのです。

まさに、サウナで「ととのった」状態と同じです。

コロナ禍で必要な「免疫力」が高まる

いまだ猛威をふるっている新型コロナウイルス。感染しないためには、免疫力を上げ、きちんと体調管理することが大切です。

「お寺のごはん」に欠かせない、味噌やしょう油などの発酵食品には、たくさんの善玉菌がいるため、食べるだけで免疫力が上がります。

また、大豆に含まれているイソフラボンには、生体の免疫機能を高める働きがありますし、ひじきに含まれる鉄分も同じく免疫力アップ効果が高いです。

ぜひ「大豆出汁」で料理を作ってみてください。

ダイエット効果!

「お寺のごはん」では肉や魚、乳製品を使用しないため、必然的に「野菜」の使用頻度が高くなります。

利尿作用が高く、むくみ解消に最適な「きゅうり」や、アミラーゼが含まれていて、胃腸の働きを整えてくれる「大根」。

ビタミンが豊富な「カブ」や、食物繊維が多い「ごぼう」などのレシピもたくさん登場します。

どのレシピからも、ダイエット効果が得られること間違いなしです!

SDGsの観点にも合致

「持続可能な開発目標」として、昨今謳われている「SDGs」。

私たちの未来のため、誰もが取り組まなければならない課題です。

「お寺のごはん」では、食材と向き合って料理していく中で、捨ててしまいがちな「にんじんの皮」「大根のシッポ」「カブの葉っぱ」といった食材も、余さず使うことができます。

そのため、SDGsの17の目標のうち、「飢餓をゼロに」や「つくる責任 つかう責任」について考えながら料理をすることができるのです。

修行体験ができる

「お寺のごはん」は、修行僧が自らの修行や、他の修行僧のために作る「精進料理」を、家庭用にとらえたものです。

なので、料理自体のレシピは「精進料理」とさほど変わりません。

修行僧たちが「精進」すべく、自分の五感や精神と向き合いながら、ていねいに作る料理を再現することで、家にいながらにして、修行体験もできてしまうのです。

まとめ

六根」と向き合い、「よく見て」「よく聞いて」「においを嗅いで」「味わって」「身体を使って」「意識を使って」料理をしていくことで、日々の生活に彩りが加わり、より健康に過ごすことができるはずです。

現在、全国の丸善・ジュンク堂書店でも発売されています!
ぜひ『おうちでできる お寺のごはん』を読んで、5つの効果を実感してみてください!

『おうちでできる お寺のごはん』購入はこちら

おうちでできる お寺のごはん

おうちでできる お寺のごはん

青江 覚峰 (著)
¥1,210
発売日: 2022/1/17
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

ファミリーから
漫画『サチのお寺ごはん』の9巻が発売されました!
仏事の作法
料理僧 青江覚峰が伝える!お盆ってなに?