築地本願寺へ! 絶好のサイクリング日和

10月某日。
以前から行きたいと思っていた築地本願寺の朝のおつとめ 「晨朝勤行(じんじょうごんぎょう)」に行ってまいりました。

とても天気の良いこの日は絶好のサイクリング日和です。
ということで、自転車で築地本願寺まで向かうことにしました。

自宅のある世田谷区から築地本願寺までをGoogleマップで検索すると自転車で約1時間とのこと。
晨朝勤行はAM 7:00から。
念のため余裕をもってAM 5:15に出発。

秋の早朝、若干肌寒さも感じるものの風は爽やかです。

行きのコースは → 渋谷 → 六本木 → 新橋 → 銀座 → 築地本願寺。

上記の写真は新橋・虎ノ門エリア、銀座 歌舞伎座、築地本願寺。
朝日が昇るこの時間、車も人もまばらな都心の朝はなんとも言えず幻想的。
味わっているうちに無事到着。
時間はAM 6:30。
築地本願寺に鐘の音が響きます。これまた幻想的。

まずはご本尊にお参り。
朝のご挨拶を。

尚、今回本堂内では撮影しておりません。
おつとめの様子は文章でのご案内となります。
晨朝勤行の様子をご覧になられたい方は、築地本願寺のYouTubeチャンネルで毎日LIVE配信されております。是非こちらもご覧ください。

築地本願寺YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC1XCOdrEKT1QzJ_hYf5DKaQ

築地本願寺 晨朝勤行が始まります

この日持参しておりましたお念珠、式章、経本を出して準備完了。
続々と僧侶の方々が出てまいります。ワクワクするひと時。

AM 7:00。
晨朝勤行が始まりました。

この日のおつとめは、
・正信念仏偈
・和讃:彌陀成佛(みだじょうぶつ)

調声人(ちょうしょうにん/はじめに発声する人)の声とともにおつとめが始まります。
歌い回しは調声人の方によって様々です。とても味わい深く勉強になります。

正信念仏偈、和讃:彌陀成佛は普段(主にCDを聴きながら)練習しております。
恐縮ではございますが、ご一緒させて頂きます。

なんとも感慨深い一体感…素敵な朝です。

帰りは行きよりもっと爽やかに

心地よい緊張感のある空気感と心安らぐお香の香り。身体に染み込む声と音。LIVE映像では味わえないものがそこにはありました。

帰りは行きよりもっと爽やかです。

コースを一部変えてみました。
築地本願寺 → 銀座 → 芝公園 → 六本木 → 渋谷 → 自宅。
気分で容易にコースを変えられるところがサイクリングの好きなところです。

写真は銀座(和光前)、芝公園(増上寺前・東京タワー)、六本木の様子。
行きとくらべて車と人の行き交う量は若干増え、一日が動き始めたといった印象でしょうか。

心が洗われたのでしょうか、行きよりもっと爽やかな感覚です。

自宅にはAM 9:00に到着しました。一日はこれからですが、爽やかさと充実感に満ちた朝です。

関連記事

死者の祭祀の歴史について考える。特集展示「亡き人と暮らす―位牌・仏壇・手元供養の歴史と民俗―」【ここより体験記】
「奇跡のお守り」と「虫歯封じのお守り」!?日比谷神社を紹介【ここより編集部員が行く】
阿弥陀如来と浄土思想『阿弥陀如来 -浄土への憧れ-』【ここより編集部員が行く】
大正大学学園祭「鴨台祭(おうだいさい)」へ行ってきました