仏事は「おごそか」すぎなくてもよい

「49日忌の法要を自宅で勤めて欲しい、という依頼を受けて伺ったのですが、自宅は自宅でも、お店だったんです。居酒屋さんですね」
「カウンターしかない小さなお店で、ご遺骨を厨房の方にお祀りして、ちゃんと遺影も飾ってありました。狭かったですが、カウンターの中で読経しました」
そう語ったのは、浄土真宗僧侶のSさん。「思い出のお葬儀」を聞いたところ、「葬儀ではないんですが、こんなことがありました」と教えてくださいました。
「近いご親族だけが3~4名、カウンターの座席で座っていて、他の親族は、焼香の順番待ちでお店の外に並んでいました。すれ違うことができないくらい狭いお店だったので、ひとりずつ入って、お焼香したらすぐお店を出て、次の人と入れ替わっていました」
「最初は面食らいましたが、読経が進むにつれ、ああ、これはこれで素晴らしい法要だな、と感じるようになりました」
「故人が大切にしていたお店に、親族だけじゃなく、常連客や近隣の人も集まって、終わったあとはその会場でお斎をとることができるんですから。たまたま時間がなかったので、私は読経のあと帰りましたが、可能ならお斎の席をご一緒したかったです」

葬儀や法事をはじめとする「仏事」は、「おごそかに行わなければならない」と思われがちですが、中には「賑やかに行って欲しい」と思う方もいらっしゃるでしょう。「どちらが正しい」という訳ではないですが、故人の希望と家族の空気感が合っていれば、決して賑やかな仏事も悪いことではないのです。

「私が式場を出たあと、中から『乾杯!』と聞こえた気がしましたが、気のせいだと思います。『献杯』の聞き間違いでしょう」
Sさんは、こう締めくくりました。

購入はこちら↓

凛咲 Vol,2 -親のこと 家族のこと 私のこと- | ここより

2023年12月23日(土)発売開始【凛咲  Vol,2 -親のこと 家族のこと 私のこと-】2022年まで発売されていた葬儀業界の雑誌「葬祭流儀」を大幅リニューアルし、ライフスタイ…

関連記事【凛咲】

編集部から
『凛咲 Vol,02』書店及びオンラインショップにて発売開始
編集部から
いつかこの葬儀を思い出してきっと泣いてしまう 2023年版 人気出棺曲ランキング 「凛咲」抜粋シリーズ#4 【凛咲Vol,02 12月23日発売!】
編集部から
お坊さんに聞いた、印象に残った法事 「凛咲」抜粋シリーズ#3 【凛咲Vol,02 12月23日発売!】
編集部から
ライターえつこ姐の実家の片づけ奮闘記!「凛咲」抜粋シリーズ#2
編集部から
ミドル世代のリアル「これからのわたしへ」 「凛咲」抜粋シリーズ#1
編集部から
祝!ザ・細かすぎて伝わらないモノマネファイナリスト!!雑誌『凛咲』に掲載される「みほとけが行く!地元鎌倉ぶらりまち歩き」こぼれ話