ジブリ映画「魔女の宅急便」が好きです。少女の成長、挫折、恋、友情などが、すべて詰まっている名作です。主人公のキキが、友人のトンボを救うために、再び空を飛ぶラストシーンには、観るたびに心が動かされます。

エンドロールで流れる、ユーミンの「やさしさに包まれたなら」も、また名曲なのですが、好きすぎて聞きこんでいるうちに、この歌が、法然上人の「月かげ」と重なることに気がつきました。

「月かげの いたらぬ里は なけれども ながむる人の 心にぞすむ」

「月の光は、すべての人に平等に降り注いでいるけれども、その有難さに気づいて、空を眺める人だけが、澄んだ月の美しさを味わうことができる」という、阿弥陀仏の慈悲を、月の光にたとえた、浄土宗の宗歌です。

当たり前のように思ってしまう月の光も、暗い夜道を照らしてくれるなど、実はとても有難いものです。その有難さに気づくことで、月の光への感謝が生まれ、より、その美しさを堪能することができます。

同じように、おとなになっても、いつもよりも「やさしい気持ち」で目覚めることで、小さい頃は当たり前だと思っていた「不思議に夢をかなえてくれた神さま」が、「静かな木漏れ陽」や「くちなしの香り」の中にいるのだ、と気づくことができるのです。

おとなになると忘れてしまいがちな「奇跡」も、実は身近な「目にうつるもの」の中にあります。まさしく、阿弥陀仏の慈悲の光と同じです。

映画の登場人物たちも、慈悲の心にあふれています。
キキもトンボも、パン屋の夫婦も、絵描きのお姉さんも、ニシンのパイのおばあさんも、時計塔のじいさんも、もちろん猫のジジも。全員が、やさしさに包まれた縁の中で、前に進んでいます。

やはりいい映画だなあ、と思うのです。

関連記事【法話&コラム】

法話&コラム
キララヅカ花激団「法然上人物語~倶会一処 またいつか会える~」主演レポートNew!!
法話&コラム
「伝統宗教」と「カルト宗教」の違いについて、キリスト新聞編集長・松谷さんに話を聞いてみたNew!!
法話&コラム
お坊さんによる歌詞解説シリーズ1 荒井由実「やさしさに包まれたなら」