「キララヅカ花激団」とは

「ここより」の熱心な読者ならご存知の方も多いと思いますが、「ここよりファミリー」の雫有希師は、浄土宗僧侶でありながら、プロレスラーでもあります。
普段から、法務のお勤めも行いながら、レスラーとして興行も行っている猛者であり、さらに心理カウンセラーや占い師としての顔ももつ雫師ですが、なんと「宝塚観劇」が趣味の乙女な一面もあるのです。

そんな雫師が立ち上げたのが「キララヅカ花激団」です。
自分の愛するプロレスと歌劇を合わせることで、極上のエンターテイメントを届けたい。
それが、僧侶兼レスラー・雫有希の布教なのです。

蓮組設立記念公演「法然上人物語~倶会一処 またいつか会える~」

昨年11月に旗揚げ公演を行ってから、3回目を迎える今回は、「蓮組設立記念公演」となります。

脚本は雫師。
歌劇部分の監修は、スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」の原作者でもある佐山哲郎上人。
そして、私こと佐山拓郎が蓮組トップスターに就任し、法然上人の役を務めさせていただくことになりました。

これにより、元々の「プロレス×歌劇」というコンセプトに「仏教」が加わり、さらにパワーアップしました。
詳しいあらすじは、こちらを参照してください↓
キララヅカ花激団蓮組設立記念公演 (eventlink.jp)

仏教では、「イケメンと結婚したい」「お金が欲しい」といった現世利益を求めすぎてはいけないと言いますが、無理して手放すこともないのです。
プロレスや歌劇を通じて、仏教や浄土宗の教えにふれていただけたら、と思っています。

開催情報

2022年7月24日(日)
18:00開場 18:30開演
埼玉県蕨市南町2-4-4 アイスリボン レッスル武闘館

興味のある方は、ぜひ会場へ足をお運びください。
プロレス・歌劇・法話のコラボレーションという、前例のないエンタメを堪能いただけると思います。

関連記事

特集
写真と記憶を再生する。東京印書館の「デジタルリマスター」がつなぐ「人の縁」New!!
法話&コラム
「伝統宗教」と「カルト宗教」の違いについて、キリスト新聞編集長・松谷さんに話を聞いてみたNew!!
編集部から
【2022年7月19日開催】仏教初心者講座「一から学ぶ日本の仏教」2022が対面・オンラインで同時開催!